カテゴリ:「スール・レストラン」

[ --.--.-- ] スポンサーサイト

[ 2009.05.05 ] インカコーラ

[ 2008.09.01 ] 懐かしい人たち3

[ 2007.03.16 ] スペイン料理

[ 2007.01.29 ] ソースこだわりのお店

[ 2006.06.29 ] La carne

»次のページ

--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2009.05.05 19:28 | EDIT
ペルーに行ったとき食べたペルー料理の味が忘れられなくて
友人に聞いたら、近所にペルー料理のレストランがあるというので
いってきたときの写真です。

CIMG3383.jpg

いつも通っていた通りにあったのに全然気がつきませんでした。
店の中はうす暗くて大丈夫かな、と心配になってきました。

席に座るとおじさんが、コレめっちゃ美味しいでーといって小皿にはいったドス黒いものを
持って来ました。

大量のオレガノとにんにくをオリーブオイルに漬け込んだものでした。
日本人には苦手な味かもしれませんが、ボリビアの味に馴染んだ自分には美味しく感じました。
CIMG3385.jpg
オレガノは日差しの強い場所にはとても身体に良いのです。
パンに付けて食べるといくらでも食べられそうでした。

CIMG3382.jpg

次に持ってきたのは、かけたお皿に入った木の実のようなおつまみと
三色のソースです。

CIMG3392.jpg

これはユカ(芋)をふかして裏ごししたものの中に、魚貝サラダをサンドしてケーキのように仕上げる代表的なお料理です。
名前を忘れてしまったので後で調べようと思います。

CIMG3390.jpg
ボリビアの現地の人が良く作っていたのが、鶏肉とアヒ(唐辛子)をピーナッツソースで和えたものをご飯にかけて食べるのがありました。このお料理とよく似ています。
美味しいです。
CIMG3389.jpg
コレはセビッチェ(魚貝サラダ)です。南米のセビッチェは国によって違うので面白いです。
西洋パセリとコリアンダー、アヒ(唐辛子)が入っていてクセになる味です。

酸素が薄い場所でもいくらでも食べられるようになるのだから
どこにでも順応できる人間の身体とは不思議です。
スポンサーサイト
2008.09.01 21:56 | EDIT
 海外に行くとホームパーティーを開催することが多いと思うのですが
ボリビアでも招かれる機会がけっこうありました。

招かれると、次は自分が自宅に招待することになるのですが
大変だったのが、日本人はみんな寿司が作れると思われていたことでした。

練習不足と気圧の関係でシャリが餅のようになってしまうのでした。。
そんなとき、近くに日本食のレストランがあって巻き寿司だけは注文し、とても助かっていたのです。
そのオーナー御夫妻が帰国されたと聞き再会することになりました。

奥サマは日々メニューを研究され、日本食材が手に入りにくいラパスでは一から
手作りになります。

日本で勉強されたのかと思っていたら、幼少の頃移住して以来はじめての帰国ということで
驚きました。

こんなに早くお会いできると思ってなかったので嬉しかったです。
気になっていたメニューのレシピをじっくり教えていただきました。

ご主人サマは仕事の合間にゴルフを楽しんでおられました。
ラパスのゴルフ場は来月ご紹介したいと思います。


私にとってオアシスのような存在のレストランでしたが
日本人だけでなくボリビア人や外国人にも大人気のお店です。


日本食レストラン ふるさと
FURUSATO

Av.Clemente Inofuentes #437
Entre Calles 10 y 11 Calacoto

2007.03.16 09:16 | EDIT

 CIMG3368.jpg


久しぶりにパエリアを食べに行きました。

こちらは、カジェ21にある”ZURRACAPOTE”
ワインの種類がお店の名前になっているようです。

CIMG3371.jpg

ワインをあしらった照明。

いろんな所にワインが飾られていました。

CIMG3372.jpg


やっぱりタパスは大好きなエビやタコを注文します。
オリーブオイルとガーリックのオーブン焼きはうちでも時々作ります。

CIMG3376.jpg


パエリアはどうしてもご飯とスープが分離してしまうのは
高地の為、仕方ないのかもしれません。
でも魚貝の味がとても美味しいです。
CIMG3375.jpg


こちらはイカスミのパエリアです。
海を持たない国で魚貝が安く食べられるなんてとても幸せです。

2007.01.29 22:15 | EDIT
CIMG4459.jpg


 よく、友人達と集まるボリビア料理のお店、イスラです。
お昼はナゼか客がおらず、ゆったりとすごせます。

CIMG4455.jpg


店内は明るく、落ち着いた雰囲気です。
バルもあります。

CIMG4454.jpg


注文するとサラダバーには、日替わりスープや、ピラフ、オムレツなど
種類も豊富です。

おつまみも出てきます。

メインは鱒のソテー、牛ステーキは厚くて柔らかく、リャマや羊も
クセがなくて美味しいです。
特にソースにこだわっていて、別にソースを選ぶことが出来ます。
リャマ肉にマンゴーソースがとてもあうので驚きです。

この日は、スペアリブを注文しましたが、写真に収めるのを
忘れてしまいました。


CIMG4456.jpg


デザートはメロンのカルパッチョです。

サラダバーで欲張ると後が食べられなくなります。

それでも全部で600円くらいです。

2006.06.29 22:42 | EDIT
CIMG2812.jpg


最近、チチカカ湖が汚染されてトルーチャやペヘレイ等の鱒を
食べた人が水銀中毒で亡くなったとか。。。
たぶん、ずっと前からだと思うけど、情報が入るのが遅く、コワイです。

普段、あまり肉を食べないですが、友人に紹介された安くて美味しい
お肉料理のレストランです。

CIMG2815.jpg


前菜というのかな。。選べるんですが、これはコラソン(牛の心臓)
10ボリ(150えんくらい)
CIMG2816.jpg


たっぷりのステーキを目の前で焼いてくれます。

CIMG2818.jpg


このお肉には
サラダバー、ガーリックパン、コーンスープ(美味しかった)
フライドポテト、チーズリゾットがついて
全部でなんと39ボリ(600えんくらい)

CIMG2813.jpg


サンミゲルにある、ホゴンシートというお店です。

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。