カテゴリ:「チリ・アリカ」

[ --.--.-- ] スポンサーサイト

[ 2008.12.06 ] 忘れられない旅(ブロッケオー)

[ 2008.11.03 ] 忘れられない旅(出会った動物たち)

[ 2008.10.04 ] 忘れられない旅

[ 2006.11.05 ] アリカの街へ

[ 2006.10.27 ] アリカへの道

»次のページ

--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2008.12.06 20:53 | EDIT
 ボリビア・ラパスからチリ・アリカへの車を使っての旅は、行きは手続き等に時間がかかり
10時間以上もかかってしまいました。

でも帰りはスムーズでこれなら7時間くらいで帰れそう。。
たくさんの魚貝も買い付けて、クーラーボックスに詰めこみました。

まぐろ、ウニのパック詰め、靴ほどの大きさのムール貝、アサリの剥き身など、お土産もたくさん
買ってきました。

トイレに行きたいけどあともう少しでオルロの町に出られる。オルロにいけばレストランもトイレもある。
道端でトイレはかなり抵抗があるし、しばらくガマンすることにしましたが、これが悲劇の始まりでした。。。

CIMG3502.jpg


途中、道路の前方に人だかりが出来て車を無理やり止められました。
男たちが両手にかかえているのは、、、ダイナマイト!!

車は集落のある場所まで誘導されるといきなり、ダイナマイトを車に投げつけられあわてて車をバックさせたけど
何個かは地面に落ちて大きな音がしました。

チビりそうになる・・この大きな爆発音と恐怖でガマンしていたものが・・!!

遠くからも爆発の音があちこちして、男たちはそちらに集まって何か話し合いをしているようでした。
これからどうなるのだろう・・私たちをどうしようかと話してるのかな
運悪く鉱山労働者の大掛かりなブロッケオーに出会ってしまいました。

ほんとうにこれからどうなるんだろう・・
ユンガスで道路封鎖があったときは野宿をしたと聞きました。

こんなところで野宿・・それだけは避けたい。

そんなとき一人の少年がきて、70ボリで逃げ道を教えてやる、といわれ、わらにもすがる思いで
少年を車に乗せました。としは15歳、もっと小さくみえましたが名前は忘れました。

とにかく逃げよう。。

車は細く小石だらけの道を必死で走りました。

道中、のどかな風景でした。 

CIMG1412.jpg


チョリータさんがリャマやロバを率いてのんびり歩いていたり、痩せたヤギの群れがいたり。。
ふと、トイレをガマンしていたことを思い出しました。
土壁の民家でトイレを借りようか・・よく考えてみるとここはボリビア。トイレはついてないかも。

また途中に人だかりが見え、あちこちで小さな道路封鎖がありましたがそのつど
少年が交渉してくれて通してもらえました。どうもお金をいくらか渡せば小さな部分では通してもらえるようでした。

スムーズに逃げられそう、と思った時、前方にタンクローリーが道をふさいでいました。
ブロッケオーで作られた大きな穴に落ちてしまったらしいのです。。

CIMG3692.jpg

この道路封鎖だけはお金を払っても通してもらえそうにありません。

もう逃げ道はこの道しかないです。

やっぱり、野宿か・・少しずつ日が落ちてきました。
トイレも出来ないし・・泣きそうな気持ちになっていたとき、、少年が野原を指しました。

野原を突っ切っていこう!

野原といっても低木がはびこっているし、大きな穴もあちこちあって、びっくりするような大きな石も転がっています。

絶対無理だ・・もしこんな野原の真ん中で動けなくなったら誰も助けてくれないだろう・・

でも少年は大丈夫だといいます。とにかく彼を信じてついていくことにしました。

CIMG3693.jpg

なるべく平らな道を探しながら少年が前を走りながら先導します。

しかし、、、低木がこすれる音と、乾燥しきった凸凹の地面の上のものすごい振動・・
トイレをずーっとガマンしていた自分にはこの上ない試練・・そんなことなら道端で済ませとけばよかった・・幽体離脱しそうでした・・

そこから記憶があまりないのですが、、何とかオルロ街道である広い道路に出ることが出来ました。
もうすっかり日が暮れてました。

少年はここから歩いて帰るといい、100ボリを渡すと笑顔で手を振りました。
とても利口そうな少年に感謝でした。

ボリビアという国柄を知っていたせいか、コワさよりトイレの心配ばかりしておりました。

このブロッケオーの間、職場の人と連絡を取り合っていましたが随分ご心配・ご迷惑をおかけしました。
なぜか、出かける度に出くわしますが、この旅をした知人たちは何事もなく無事に帰れたそうです。

どうも、、トラブルに縁があるようですが、こんなことがあってもアリカへの旅は
すばらしく、出来たらもう一度行って見たかったなーと思います。どれも良い経験でした。


スポンサーサイト
2008.11.03 10:44 | EDIT
 ボリビア・ラパスからチリ・アリカへの車での旅行は、道中すばらしい景色でした。
何気なく撮った写真も改めて見ると、ため息が出そう。。まるで別の星のようです。

CIMG3670.jpg
乾燥した土地にもところどころコケのようなものがありました。コケのような写真は、4000m地点に生息するヤレータという せり科の植物です。 一年間に3ミリ程しか成長しないので、写真は100年いえ1000年くらいで大きくなったものでしょう。朝露のようなもので生きているのでしょうか・・様々な原料として使われているそうです。

CIMG3666.jpg
アルパカです。写真では愛らしいのですがこのときはコワかったです。。アルパカといえば
ペルーの空港でデザインのかわいいアルパカのセーターが売られてました。

CIMG3668.jpg
しばらくミラーに写った自分の顔にうっとり・・そして思い出したようにコチラを振り向き、やはりちょっとコワかった。

CIMG3656.jpg
アリカの港ではたくさんのネコがお昼寝をしていました。人が近寄っても無防備で寝てます。

CIMG3612.jpg
ネコ、イヌ、あざらし、ペリカンがいつも集っているところ。漁師さんが魚をあげているのでみんな人懐っこくてどんなに近づいても逃げません。

CIMG3610.jpg
ペリカンはけっこう大きくて、どこまで近づいても逃げませんが、もし反撃されたら・・と思うと触れることは出来ませんでした。

CIMG3620.jpg
港で食べた貝のスープです。ムール貝が隙間なくびっしり入っててスープというより貝のどんぶりといった感じです。港ではたくさんのウニもいただいたのでお腹いっぱいです。こんなに濃厚な貝のダシは初めてでした。

CIMG3577.jpg
SE VENDE(売ります)

CIMG3579.jpg
アリカの町の商店街のようなところ。この日は独立記念日でお店は全部閉まっていました。
普段の賑わいを見たかったなー残念・・
2008.10.04 12:07 | EDIT

 私が一番印象に残っているのは、ラパスからチリのアリカへの
ドライブ旅行です。

はてしなく続く真っ直ぐな道の先に、深海のような場所があったり、標高4500mの地点では
富士山のような美しい山があったり、そこから一気に低地に降りる道中はめまぐるしく景色が
変わっていきます。

一年に一cmしか延びないサボテンに囲まれて、車を止めて磁場をチェックしたり
温泉を見つけたり・・
いきなり砂漠の中に迷い込んだり・・スリル満点でした。

実はブログには書けませんでしたが帰りの道中で、ブロッケオーに出くわし
鉱山労働者たちに軽く拉致され、車にダイナマイトを投げつけられるという
スリル満点の経験をしました。
現地少年の協力により脱出することが出来たのですが、関係者の方にはご心配、ご迷惑を
お掛けしました。またいつか詳しく書きたいと思います。


CIMG3516.jpg
どこまでも続く真っ直ぐな道。
もちろんですが、コンビニも自販機もありません。トイレもなければ、木陰や岩陰もなく・・(泣)

CIMG3678.jpg
標高4500を超えるとすばらしい景色が。
ラウカ国立公園のチュンガラ湖です。

CIMG3552.jpg
国に保護されているためビクーニャの群れを目にすることが出来るのはここだけだと思います。

CIMG3554.jpg
深海のような場所がところどころありました。

CIMG3558.jpg

ドライブも九時間を越えるといつになったら海に出られるのか。。と不安になっていきました。

CIMG3563.jpg
そしていきなり砂漠の中へ入っていきます。

2006.11.05 10:42 | EDIT
CIMG3564.jpg


アリカに近づいてくると周囲はだんだん砂漠化してきます。
気がつくとどっちを向いても砂山ばかりで
何とも言えない不安感に襲われました。
 CIMG3563.jpg

砂漠の中の道をしばらく走ると、緑がポツポツ現れて
またしばらく走ると、潮の香りがします。

CIMG3593.jpg

そして、海!

魚市場のレストランへ行きます。

CIMG3613.jpg


窓から見えるのはたくさんの漁船。
CIMG3617.jpg


この季節8月~10月くらいはウニの解禁で
たくさんのウニを食べることができます。

CIMG3618.jpg


どんぶり一杯のエリッソ(ウニ)です。
贅沢にレモン汁をかけて、あっさりとした風味で
あっという間に食べてしまいました。

CIMG3578.jpg


市場から少し出た通りには魚貝のセビッチェや
ウニのパック詰めが売られています。

CIMG3624.jpg


子供達が食べているのは大きな魚貝のエンパナーダです。
食べてみたかっのですがサスガにこれは大きすぎて
買う勇気がなかったです。
CIMG3658.jpg


大きなクーラーボックスを持っていってたので
お土産にマグロの切り身を買って帰りました。
手前の切り身だけでも1,5キロもあります。
2006.10.27 23:35 | EDIT
CIMG3531.jpg


ラパスからアリカまでは、車で片道6,7時間ときいていたのですが
10時間かかってしまいました。

その原因はボリビアのゲートで、3カ所で手続きをするのに一時間半
かかり、3枚綴りの用紙を渡されました。
確認したところ無線でやり取りしながらOKをもらい安心して
チリのゲートに入りました。

ところが、チリ側はこの用紙ではダメだといわれまた
ボリビアに戻りました。

結局必要だったのは、4枚綴りの用紙でした。

CIMG3495.jpg


道中はすばらしい景色でした。
牛やリャマが放牧されていたり、広大な自然を眺めながらのドライブは
最高でした。

CIMG3502.jpg

道路を横切るリャマ。

CIMG3504.jpg

CIMG3542.jpg


道中、ラウカ国立公園を通ります。
蒼く透き通った湖面のチュンガラ湖。すれ違う車も人の気配もなく、
ただ風の音だけが聞こえます。
CIMG3552.jpg

ビクーニャの群れが現れました。
毛皮は高級品ですが、チリでしっかり保護されていて悠々と
水を飲んだりしながら移動していました。

CIMG3559.jpg


しばらく進むとロウソクの形をしたサボテンがポツポツ見えてきます。
年に数㎝しか伸びないそうです。

この辺りに、ソナマグネティカといわれる、磁場があります。
エンジンを止めていても勝手に車が坂道を上っていくそうです。

実験を試みたのですが、その場所を見つけることができませんでした。

CIMG3678.jpg


帰り道は雲が少なかったので、富士山のような山と湖をもう一度
撮りました。ここは標高が4500㍍あり、人の気配もなく
神秘的な場所でした。
 | HOME |  Next Page »

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。