カテゴリ:「ボリビア・サンタクルス」

2005.10.13 03:35 | EDIT
日本人移住地をわたしはもっと
いろいろ想像していたので

あれっ何もないな~というのが
印象でした。

それだけにもっと深く知ることがたくさん
ありそうな気もします。

CIMG1275.jpg



第二次大戦後、悲惨な地上戦によって
荒廃したオキナワからの移住者を受け入れて発展しました。
風土病の発生や、土地問題によって移転を重ねた後
クランデ川の西岸に落ち着いたそうです。

CIMG1276.jpg


オキナワ文化会館の中にあった像です。
最初移住を決意された方達はどんな苦労が
あったのか想像もつかないくらいです。


CIMG1277.jpg



このあといろんな牛を飼っている人を訪ねました。
最初この牛を見たとき、神話の中から出てきたのかと
思いました。

CIMG1280.jpg



他にもめずらしい牛がたくさんいました。
皆、暑さに強い牛ばかりだそうです。

CIMG1278.jpg


象のような耳をもった牛もいました。




日本の援助で建てられた学校があると聞いて
行ってみました。

CIMG0167.jpg


ちょうどお祭りをやっていました。
子供達は活き活きと歌や踊りを披露してくれました。
日本はいろんな所で援助をしてるんですね。

CIMG0176.jpg




またいつかサンタクルスの写真を載せたいと思ってます。

プレインカの遺跡、サマイパタへは
車で2時間、徒歩一時間半と聞き、まだ行っていません。
でもいつか、、行きます。
スポンサーサイト
2005.10.07 08:18 | EDIT
CIMG1209.jpg



動物園は、一番行きたい場所だったので
早速行ってきました。

園の前で美味しそうなソーセージを焼いていて
急にお腹がすいてきました。
そう言えば、まだお昼を食べていませんでした。

CIMG1242.jpg



その近くで、りんごアメをたくさん売っていました。
りんごアメって日本だけのものと思ってたのですが
ボリビアでもよく目にします。

CIMG1240.jpg


では園に入ってみます。
めずらしい熱帯の植物や木に囲まれてます。

足下で巨大な黄緑色のトカゲが
いたり、空間のすべてが動物園のようです。

もちろん、高地のラパスには無いものばかりです。

CIMG1211.jpg


とにかく鳥の種類が多くてびっくりしました。
カラフルでとってもキレイ。

CIMG1226.jpg


緑に囲まれて、昔観た映画、ジュラシックパークを
思い出しました。

園内ではたくさんの子供達も来ていて
日本人は珍しいのか、穴があくほど見られ

園のメインは自分たちではないかと疑ったくらいです。

CIMG1236.jpg


おいおい、みられてるよ、どう見てもこっちが見られてる。。

何かを訴えるような眼差しがなんとも言えない。。

CIMG1239.jpg



なんでみんなカメラ目線なんでしょうね。。
ポーズまでつくってくれますヨ。
たくさん撮りましたが
こんなかわいい動物たちがいっぱいいました。

次回は変わった牛たちを紹介します。
2005.10.03 01:20 | EDIT
CIMG1192.jpg


では、らせん状に伸びた階段を上っていくことにします。
気がつくと、いくら登っても、息切れがしないことが
うれしくてたまらなくなります。

でも低地に慣れるとまたゼエゼエなんでしょうね。

CIMG1194.jpg



実はこのファイルをアップロードするのに
ものすごく時間がかかりました。
デジカメが固まってしまったことも含めて
載せてはいけないという警告なのでしょうか。。
なんて。。ミステリーに仕立てあげてしまいました。

CIMG1197.jpg


金網ごしに風景を撮りました。
ラパスと違い、赤茶けた山もなく圧迫感もありません。
屋根の色も明るいです。

ut


レンガを積木のように組み合わせ
細部まで凝っています。
残念ながら博物館は閉まっていましたが
宗教的なものが収蔵されているそうです。



CIMG1196.jpg


だいぶ上まで登り詰めました。
高所恐怖症の私は、写真をとりながら少し
足が震えてきました。

こっこんな所で地震でもあったら。。と
ばかげた想像までしてしまいます。

CIMG1198.jpg


最終階に着きました。
ここで時間を刻んで鐘を鳴らしているんですね。
どんな音色なんでしょうか。。

CIMG1200.jpg



屋根を撮ったものです。
これが最後の写真となってしまいました。

この直後、デジカメが故障してしまいました。
でも、不思議なことに最近自然に治りました。

デジカメが壊れたことで
あわてて下に駆け下りました。

次回はサンタクルスの動物園を紹介します。
2005.09.30 03:14 | EDIT
plaza


サンタクルスの街は
9月24日広場を中心に
4本の環状線がグルグルと取り巻いています。

数時間で一通り観て回れます。


calle


ラパスと違って温かく、人も街の色も明るい
印象があります。

珍しい熱帯の木や植物があって
それだけでワクワクした気持ちになりました。

お腹の大きい木がたくさんありました。
これは何という木なのかな。。
今度聞いておきます。

CIMG1204.jpg


街の通りを歩いていると
店の模様替えとか
ペンキを塗っている人達が目につきました。
街の雰囲気はとてものどかです。



catedral



広場の前にはレンガ造りのカテドラルが
ど~んっと建っています。

私はそこへ吸い寄せられるように
入っていきました。
ひんやりとした空気が漂っています。

CIMG1192.jpg



中に入ると上に上がれるというので
早速上がってみました。

実はこの中の写真を撮っていて
デジカメが急に故障してしまいました。

次回はこのカテドラルから撮った写真を紹介します。
2005.09.23 22:29 | EDIT

サンタへは早朝、4時に目覚ましをかけ
準備を整えて5時に出発した。

外はまだ完全な夜空で
星がたくさん出ていた。

外灯のない、真っ暗闇の中を
大荷物を抱えて、歩く歩く。。

たった数日の旅行なのにいつも
大荷物になる。。

荷物を少なくするコツをLOOさんに聞いたら
人に持たせることだ、て言ってたっけ。。。

やっと車に乗り込むことができた。


朝は一段と運転マナーが悪かった。
信号赤でもどんどん進む。

優先車がおとなしく列をつくって待っている
なんて、、大らかな国。

アウトビスタ(高速道路みたいなもん)ではなんと、
逆行する車発見!!

コワすぎる。



空港


空港に着きました。
エルアルト空港よりあか抜けてる感じがする。

途中コチャバンバ経由でしたが、そこで一時間以上
待たされたので着くのが予定より
随分おくれてしまいました。



平原


ラパスにはない平原が続いていて
まるで同じ国とは思えません。

車で走っていてもとっても気持ちがイイ!!

風もあるし、緑も多い、

なんといっても、酸素が濃くて
身体が軽いです。

低地に降りると(私だけかも)妙にウキウキしたり
いろんなことがひらめいたり、行動的になります。

高地ではずっとウツのような状態になっているのかな。。

タクシー


タクシーの中です。

ナント、日本車をハンドルだけ取って左に移動させてます。

サンタではこんな感じのタクシーがほとんどでした。

ホテル



ホテルに到着。

プールもあるし、カクテルサービスもあったり
たくさんの椰子の木や花に囲まれて
とってもほっとする空間でした。

部屋


ホテルの内部(4、5人用)

窓から見える緑がステキです。
ラパスには、こんな緑はないですから~(贅沢だ)


コミチ



裏にはこんな小道もありました。

やっぱり緑があるのはイイナ~
蒸し暑くてもいい、虫がたくさんいてもいい、
住むならこんな所がイイナ~(ないものねだり?)

次回は街を散策します。
 | HOME | 

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索