カテゴリ:「ボリビアの子供たち」

[ 2011.09.03 ] 学園祭

[ 2010.09.19 ] やさしい光7

[ 2010.08.27 ] やさしい光6

[ 2010.04.17 ] やさしい光4

[ 2010.01.23 ] やさしい光2

»次のページ

2011.09.03 21:22 | EDIT
最近、ボリビアで住んでいた、古い家の地下室から人の声がして
自分をしきりに呼んでいる。という夢をよく見ます。
その古い家に地下室があったかどうかさえも、思い出せなくなっているのですが
そろそろ語学の勉強も再開したほうが良いのかなーとアセリを感じているところです。

載せたい写真があるのと続きを書いていない記事もあるので
これから時間を見つけては更新していきたいと思っています。

ところで台風がよく来るーと思っていたら既に九月になっていて運動会や学園祭の季節になりましたね。
今日はフォルダの整理をしていたらボリビアの小さな学校の文化祭の様子や子供たちの表情を撮ったものが出てきましたので載せようと思います☆

CIMG3448.jpg
このような閑散とした村にも小さな学校があります。
CIMG3421.jpg
この学校は日本の援助で建てられた施設でした。
CIMG3435.jpg

子供たちのお遊戯が始りました。
踊っているようにも見えます。ミュージカルのようにも見えますね。かわいいです。
CIMG3433.jpg
カメラ目線で笑顔を見せてくれる女の子。楽しんでやってくれてるようです。
CIMG3436.jpg
先生と出演してくれた子供たち。
子供たちの未来が輝かしいものでありますように☆ 
スポンサーサイト
Category: ボリビアの子供たち
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2010.09.19 18:08 | EDIT
CIMG3864.jpg
カラマルカの子供たち

カラマルカの人々も最後の一枚となります。
随分遅くなってしまいましたが、ボリビアでの美容院での話の続きです。
美容師さんが隣のお客さんに話しかけているというのに、それが分からず返事をしたり笑ったりしたこと
に気づき、動揺しまくりキョドリまくりの自分でしたが
ざっく、ざっくという鈍い音に一気に平静を取り戻したのでした・・・自分の耳元で響く
それは、ハサミの機能を最大限に利用してますぅみたいな響きでした。
カットというより芝刈りのような。。それでもボヘミアンなうっとうしさだったからすっきり出来て
いいわあ、なんてのんきに構えていました。
でも仕上がりをみて、まっつぁおに・・・それはどこをどうみても  へるめっと!!
しかもぱっつん前髪はみごとな斜め切り・・・ヘルメットもかっこいいのじゃなくて工事現場な感じの
いや、でも帰っていじったら何とかなるかも。。  
甘かったです。。どうにもなりません フアナは かわいいといいつつ半笑い。
しばらくのたうちまわってました。
誰かのお勧めの店でしたがたまたま、新人の美容師さんに当たったのかもしれません。
それからは、ふだんからメット装着してますうって毎日を送ることに・・安全第一ですぅみたいな。

ちょうど一時帰国だったので、どこよりも真っ先に幼馴染関係の美容院に駆け込みましたが
今でも伝説のように、あの頭にはびっくりしたわ~と爆笑されます。これこそ今だから笑える話ですが
最近は、どんなヘアスタイルでも気にしなくなってしまってるかも。 
Category: ボリビアの子供たち
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2010.08.27 19:20 | EDIT
CIMG3868.jpg
カラマルカの子供たち

画像に対する言葉が出てこないので思い出したエピソードなど書いています。

ボリビアで美容院に行ったときのこと・・
日本と同じように美容師さんがあれこれ話しかけてくれます。とってもうれしいのだけど
スペイン語の試験みたいで疲れるんですよね。。
この日もいろいろ話してて、途中から話が分からなくなっちゃったんですよ。。
でもそうとは言えず、テキトーに相槌打ってたんですけど、

なんとその美容師さん、となりのお客さんと話してたんですわ!!
早く気づけよ、ていう・・思わず地面彫りそうになりましたよ。
隣の人しか分からない会話に 「はい、はい」 「へぇー」 「そかー」 とか言ってたから
どう考えてもヘンな日本人・・しかも、笑ってやったりという子芝居までかましてましたからねー
地面掘ってとっとと日本帰れよ、ばかばか、て感じでした。
でもだれも気づいてなかったという・・
胸なでおろすやら、かなしーやら。
でもそんなこと どーでもいいようなことが起こってしまったんです!!それはまた次回に 
Category: ボリビアの子供たち
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2010.04.17 23:38 | EDIT
CIMG3866.jpg
カラマルカのこどもたち

ボリビアで電動あわ立て機を買ったことがありました。
大小のボウルもついて安かったので購入しました。
早速使ってみたのですが・・お、重い・・とにかく重い・・三頭筋にこたえます。。これならふつうに手を使って泡立てたほうが楽かもしれません。
しかも二分くらい使ってたら本体が熱くなって動かなくなってしまいました。ハイ、ご臨終です。
使い始めてたったの二分でぶっ壊れてしまいました。
その後も気がおさまらず、分解してみたのですがあまりに大掛かりでびっくりしました。
中は金属製の歯車がいくつもかみ合わさってモーターを動かし、先端部分を回すという仕組みでした。
重いはずです。。その後、オブジェにでもしようかと思ったのですがフーちゃんに処分されました。。
フーちゃんが言うには、機械は30秒ごとに休ませなければならないらしい。
ボリビアにいると日本の電化製品のすばらしさを実感します。随分楽をさせてもらってるなーと思います。
Category: ボリビアの子供たち
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2010.01.23 16:51 | EDIT
CIMG3897.jpg
カラマルカ村の子供たち
レストランで食事をしていても物乞いの人が入ってくるのですが、
そんな状況も慣れてしまってました。

最初は悲惨だと思っていた光景も見慣れてくると観察するようになります。
物乞いをしていたヒトがタクシー使って帰るのを見たり、荷物を持ってくれたらお金渡します、というと
驚いて、荷物は持たないよーいいからお金くれよーと言われ、、えっ?と思うこともありました。

激しい縄張り争いをしているのを見ると、そんな元気あるなら仕事したらいいのに。。と思ったり・・
そういう人達も交じっているんですね。

小銭渡すのはいいのですが、他の日本人に迷惑をかけることにもなるので考えものですね。
他の日本人に聞くとクリスマスとか特別な日だけあげると言ってました。
物乞いに対していろいろな意見もありますが深い問題でもありますね。
Category: ボリビアの子供たち
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME |  Next Page »

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索