カテゴリ:「ボリビア・オルーロ」

[ --.--.-- ] スポンサーサイト

[ 2011.01.02 ] 青の月2

[ 2010.11.01 ] 赤の月

[ 2006.02.17 ] La Fiesta

[ 2005.10.19 ] オルーロの鉱山

[ 2005.10.15 ] オルロの温泉

»次のページ

--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2011.01.02 13:22 | EDIT
CIMG1431.jpg
青の月         写真 オルロ





スポンサーサイト
Category: ボリビア・オルーロ
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2010.11.01 20:48 | EDIT
CIMG1433.jpg

赤の月       写真オルロ
Category: ボリビア・オルーロ
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2006.02.17 10:37 | EDIT
CIMG1581.jpg


今年もカルナバルの季節になりました。
毎年、カラフルな衣装が登場します。
代表的な衣装をほんの一部載せました。

CIMG1582.jpg



踊りや衣装にはそれぞれ意味があるそうです。

CIMG1593.jpg



ロボットのような衣装もあります。
動きもとっても鈍そうです。


CIMG1604.jpg



簡単そうで難しいカルナバルのステップ。
子供も上手です。

CIMG1601.jpg


低地のサンタクルスの踊りは動きも激しく
情熱的です。

カーニバルではまだまだ、びっくりするような
すごい衣装が登場します。
2005.10.19 00:28 | EDIT
20051019001929.jpg


高度4000㍍のアルティプラーノです。
草木は自生せずブッシュ(手前に生えている草のようなもの)
のみです。


20051019001956.jpg



作業場全景です。



20051019002023.jpg



鉛の濃縮タンクです。
遠心分離によって、鉛や亜鉛などの鉱物に
分けられます。


20051019002052.jpg



鉛です。となりの粉っぽいのが
亜鉛。

20051019002114.jpg


コルキリ(プラント)近くで細々と採鉱する
人々の様子です。
2005.10.15 03:09 | EDIT
CIMG1451.jpg


羊たちは夢中で草をほおばっていますが
雨期とはいえ乾燥で枯れかかっています。

CIMG1459.jpg


温泉に着きました。


CIMG1460.jpg



想像以上に立派でキレイです。

CIMG1461.jpg


大きなプールもありました。
ほとんど人はいませんね。

CIMG1462.jpg


少し温めのお風呂です。
日本の温泉みたいに広くゆったりというわけには
いきません。

実は入ってしばらくして気分が悪くなる人続出!!
なんといっても
富士山の頂上より高い場所での
温泉ですから。。


CIMG1465.jpg



そそくさと帰り支度です。
日本だと温泉に入ればお肌ツヤツヤ。。なはずですが
ここでは余計に乾燥してバリバリ。。という感じでした。
保湿クリームは必須です。

CIMG1467.jpg


曇っているので、空と大地がどれほど近いか
分かるでしょうか。。

次回はオルロの鉱山を紹介します。
 | HOME |  Next Page »

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。