バックナンバー

[ 2006.02.27 ] 露店巡り

[ 2006.02.25 ] 露店

[ 2006.02.21 ] Calle Sagarnaga

[ 2006.02.17 ] La Fiesta

[ 2006.02.10 ] ラマ

[ 2006.02.06 ] Aguayo

[ 2006.02.03 ] ジャングル・クルーズ

2006.02.27 07:09 | EDIT
CIMG2393.jpg


少し下っていくと、薬草のなんとも言えない香りがします。
決して良い香りとはいえません。

お店を覗いてみました。

CIMG2394.jpg


なんと、ミイラがありました。
リャマの胎児のミイラらしいです。
他にも得体の知れない、品々が並んでいます。

CIMG2395.jpg


これらの品々は、魔よけの祈祷に使うのだと言います。

CIMG2390.jpg


地べたに物乞いをする親子がいました。
コインをわたして、写真を撮らせてもらいましたが
女の子は顔を見せてくれませんでした。
スポンサーサイト
2006.02.25 02:45 | EDIT
CIMG2409.jpg


露店にいた子供達。
観光客に慣れているようで簡単な英語で
声をかけたり、人なつっこいです。

CIMG2406.jpg


手作りの民芸品にのかわいさに思わず色違いで
五つも買ってしまいました。


CIMG2398.jpg


少し歩くと、日本語で書かれた看板がありました。
きっとオーナーは日系の方なのでしょう。

CIMG2407.jpg


なんと、堂々と偽札が売られていました。
日本では考えられないですね。

次回も露店巡りをします。
2006.02.21 05:39 | EDIT
CIMG2391.jpg


サガルナガ通りにお土産になりそうなものを買いに行ってきました。


CIMG2385.jpg


チョリータさんのスカートが売られていました。


CIMG2397.jpg


カラフルな織物がたくさん並んでいます。
見ているだけで楽しいです。


CIMG2404.jpg


これは、ポンチョですかね~
いろんな所からいただいて、家に3つはあります。

次回もお買い物です☆
2006.02.17 10:37 | EDIT
CIMG1581.jpg


今年もカルナバルの季節になりました。
毎年、カラフルな衣装が登場します。
代表的な衣装をほんの一部載せました。

CIMG1582.jpg



踊りや衣装にはそれぞれ意味があるそうです。

CIMG1593.jpg



ロボットのような衣装もあります。
動きもとっても鈍そうです。


CIMG1604.jpg



簡単そうで難しいカルナバルのステップ。
子供も上手です。

CIMG1601.jpg


低地のサンタクルスの踊りは動きも激しく
情熱的です。

カーニバルではまだまだ、びっくりするような
すごい衣装が登場します。
2006.02.10 21:58 | EDIT
CIMG2321.jpg


標高が高く、街のはずれにいくと
目にすることが出来ます。

これはチチカカ湖で見ました。
種類はよく分かりません。

CIMG2320.jpg


ラマとアルパカの高級天然繊維は
『アンデスの黄金』と呼ばれています。

標高三千~四千メートル地帯のアンデス山脈に棲息する
ラクダ科の動物です。

夜間は氷点下15度~20度、日中は15度~20度という
極端な温度差の環境に一千年の時を経て適応した
ラマとアルパカ。

アンデス高地の強い紫外線にも耐える細く長い毛は
カシミア同等の保温性を保ちながらこれよりも丈夫で
上質な繊維が生まれます。


CIMG1888.jpg



なんとティワナク遺跡にも放し飼いのラマがいました。
CIMG1890.jpg

2006.02.06 06:34 | EDIT
CIMG2315.jpg



チョリータさんがいつも肩に背負ってる
あの、カラフルな風呂敷みたいの
ずっと気になってました。

使い方を教えてもらいました。

CIMG2316.jpg


先ず、風呂敷(アガヨというらしい)を広げ
中に荷物を置いて
包んで結びます。


CIMG2317.jpg



端と端を持って肩に背負います。


CIMG2318.jpg


簡単そうだけど実際やってみると
難しいかもしれません。

このときは荷物なしでやってもらいましたが
軽く、50キロくらいは背負えるそうです。

かな~り
丈夫そうです。私も買ってみようと思います。
2006.02.03 22:24 | EDIT
CIMG2198.jpg


船着き場につきました。
ここからボートに乗り込んで
いよいよ、滝の間近までいきます。

CIMG2200.jpg



でも、このときはまだ頭から滝の水をかぶるとは
予想もしてなかったです。。
ただ、靴だけは脱いで準備していました。

ライフジャケットをしっかり身につけます。
ドキドキ。。

CIMG2206.jpg



ジェットコースター並みのスピードで
すごく揺れるし、急カーブするし、落ちそうでしたが
みんなでワーワー騒ぎながらスリルが何とも言えませんでした。


CIMG2149.jpg



ここからは写真を撮る余裕はないので
想像していただくしかないですが
滝の中にどんどん入っていきます。
もちろん全身、びしょぬれでしばらく息もできない・・
やっと出たと思ったら

よっしゃ、もう一回いくぜ!!
イエ~~!!
皆大はしゃぎ。。
そして再び滝壺へ。


CIMG2263.jpg



ここは悪魔ののどぶえといわれる所です。
ゴゴゴオ~という大音響と迫力満点で滝壺に吸い込まれそうでした。
その反面、虹が出ていて鳥が飛び交い、なんとも美しい滝の姿でした。
 | HOME | 

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索