バックナンバー

[ 2006.09.26 ] Lima

[ 2006.09.12 ] Plaza de Armas

[ 2006.09.06 ] Pisaq

2006.09.26 22:23 | EDIT
CIMG3288.jpg


今にも雨がふりそうな曇り空ですが、いつもこんな感じで
一年を通してほとんど雨はふらないそうです。
毎日澄み切った青空のボリビアラパスにいるので
なんだか落ち着かない感じです。
CIMG3297.jpg


サンマルティン広場周辺もそうですが、想像以上にキレイなセントロでした。歴史的建造物が建ち並んでいます。

CIMG3299.jpg

カテドラルです。アルマス広場周辺にそびえ立っています。
どの建築物もとにかく立派です。

CIMG3305.jpg


このようなカラフルなコロニアル建築はブエノスでも見なかった気がします。宮殿のようですが、現在は政府の建物として利用されているのではないかと思われます。
CIMG3306.jpg


車の窓を開けて、写真を撮ろうとすると閉めろ!と注意されました。
治安の悪さを感じます。

CIMG3277.jpg

カテドラルや市庁舎、博物館の他にも目につく建物がありました。
CIMG3281.jpg

大学や郵便局も立派な建物でした。
CIMG3282.jpg

CIMG3283.jpg

治安が悪いということで、カメラを持ってウロウロ出来ず
ゆっくり見て廻ることは出来ませんでしたが、話に聞いていたのとは違い、ゴミ一つ落ちていない、とても美しい外観でした。
スポンサーサイト
2006.09.12 10:22 | EDIT
CIMG3021.jpg

クスコの空港です。
なんとなくエルアルト空港に雰囲気が似ています。
クスコも標高が3300メートルくらいありますが
エルアルトはまだ更に1000メートル程高いので、もちろんですが
高山病の症状はありませんでした。
  CIMG3026.jpg

クスコの中心地であるアルマス広場をぶらっと歩いてみました。
CIMG3024.jpg


スペイン征服者たちは、インカの神殿を破壊し、教会や修道院を
次々に建てていきました。
大きな地震によって、それらの建築物は大きなダメージを負いますが
インカの石組みはびくともしなかったそうです。

CIMG3023.jpg

カテドラル周辺です。マリアアンゴラと呼ばれる鐘の音は
20キロメートル先まで聞こえるそうです。
クスコは町全体が、ピューマの形をしています。

CIMG3022.jpg

ホテルに向かう通りです。
遺跡めぐりで、朝は4時起きで帰ってくるのは夜だったので
ゆっくり町を散策できなかったのがちょっと残念です。

2006.09.06 22:21 | EDIT
CIMG3086.jpg

インカの聖なる谷を眺めながらガイドさんからいろんな
伝説を聞きました。
ウルバンバ川は天の川を意味し、星座との関連も考えられ
神聖な場所であるそうです。

CIMG3091.jpg

ピサックの遺跡は観ることができませんでしたが
村でしばらくの時間を堪能しました。
民芸品がずらっと並んでいました。
CIMG3096.jpg

プラサの方へ歩いていくと、たくさんの人が集まっていました。
CIMG3099.jpg

この日は、女神カルメンの為の儀式が行われていて
不思議な衣装を身にまとった人が集まっていました。

CIMG3103.jpg



CIMG3107.jpg


CIMG3109.jpg

儀式はまだまだ続いているようでしたがお腹が空いたので
通りにでると、トウモロコシ(白くて粒が大きい)や肉が売られていました。

CIMG3110.jpg

良くみると、子豚の丸焼きのようなものと、クイ(モルモットのようなネズミ科の動物)の丸焼きでした。味は鶏肉のような食感だそうです
←実は食べていない(笑)
 | HOME | 

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索