バックナンバー

[ --.--.-- ] スポンサーサイト

[ 2006.10.30 ] カフェ・ベイルート

[ 2006.10.27 ] アリカへの道

[ 2006.10.20 ] Buenos Aires

[ 2006.10.10 ] お祭り

[ 2006.10.01 ] Arica

--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2006.10.30 00:24 | EDIT
CIMG3723.jpg


今日はある集会の前に、スールのカフェで時間つぶしをしています。

CIMG3724.jpg


チョコレートケーキを注文したら、その大きさにびっくりしました。
15ボリだったので日本だと一個200えんくらい。
売っているケーキが一個3ボリくらいなので気になっていました。

やっぱり値段だけあって、ケーキ5個分を濃縮したような
重さです。

半分食べて、もうお腹に入らなくなりました。
つついても、モノリートのように倒れない、ずっしりと胃に重たいケーキでした。でも美味しかったです。

CIMG3725.jpg


そして、この辺りによく売られているのがフルーツティーです。
普段はパインのティーをよく飲んでいますが
ここでは、オレンジを注文しました。

お湯を注ぐと、オレンジの香りが充満しています。
自然なフルーツの甘みがあるのでお砂糖はいりません。
このシリーズはお土産にたくさん買って帰りたいと思います。

スポンサーサイト
2006.10.27 23:35 | EDIT
CIMG3531.jpg


ラパスからアリカまでは、車で片道6,7時間ときいていたのですが
10時間かかってしまいました。

その原因はボリビアのゲートで、3カ所で手続きをするのに一時間半
かかり、3枚綴りの用紙を渡されました。
確認したところ無線でやり取りしながらOKをもらい安心して
チリのゲートに入りました。

ところが、チリ側はこの用紙ではダメだといわれまた
ボリビアに戻りました。

結局必要だったのは、4枚綴りの用紙でした。

CIMG3495.jpg


道中はすばらしい景色でした。
牛やリャマが放牧されていたり、広大な自然を眺めながらのドライブは
最高でした。

CIMG3502.jpg

道路を横切るリャマ。

CIMG3504.jpg

CIMG3542.jpg


道中、ラウカ国立公園を通ります。
蒼く透き通った湖面のチュンガラ湖。すれ違う車も人の気配もなく、
ただ風の音だけが聞こえます。
CIMG3552.jpg

ビクーニャの群れが現れました。
毛皮は高級品ですが、チリでしっかり保護されていて悠々と
水を飲んだりしながら移動していました。

CIMG3559.jpg


しばらく進むとロウソクの形をしたサボテンがポツポツ見えてきます。
年に数㎝しか伸びないそうです。

この辺りに、ソナマグネティカといわれる、磁場があります。
エンジンを止めていても勝手に車が坂道を上っていくそうです。

実験を試みたのですが、その場所を見つけることができませんでした。

CIMG3678.jpg


帰り道は雲が少なかったので、富士山のような山と湖をもう一度
撮りました。ここは標高が4500㍍あり、人の気配もなく
神秘的な場所でした。
2006.10.20 22:07 | EDIT
CIMG3743.jpg


アルゼンチンといえば、牛肉とワインですが
ブエノスでもちょっと有名なレストランを訪ねてみました。

CIMG3746.jpg

開店の一時間前から待っている人もいて、8時になると
客たちが押し寄せてきました。
港を眺めながらの良い場所を確保しました。
CIMG3747.jpg

この日はほとんど食べてなかったのでいろいろなものを
少しずつ食べることができました。
量も多いので完食はたいへんです。
CIMG3750.jpg

しっかり焼いたものは少し固めでした。
CIMG3748.jpg

日本ではもちろんのこと、ボリビアでもこんなステーキは
ほとんど食べないので大きすぎるほどです。

風が少しありましたが、ちょうどいい気候で
美味しいワインと共に堪能させていただきました~
CIMG3846.jpg

そして、おきまりコースのカジノ。。
久しぶりに来てみたら、船が一艘増えていて驚きました。
カジノの建物は大きな船で川の上に浮いています。
CIMG3849.jpg

2006.10.10 02:02 | EDIT
 CIMG3642.jpg


アリカの町に、一際目立つ教会を見つけました。
ガイドブックを見ると、サンマルコス教会といって
パリのエッフェル塔で有名な建築家が手がけた教会だそう。

CIMG3644.jpg


少し、周辺を歩いてみました。
上り坂になっていて、ふと振り向けば、海が見えます。

CIMG3634.jpg

そして、この日は祭日でたくさんの人たちが集まっていました。

CIMG3636.jpg


屋台がたくさん並んでいます。
日本のお祭りを思い出します。
これは金魚を釣って景品がもらえるようです。

CIMG3638.jpg

バケツで作られたカエルの口がパクパクしています。
この中にボールを入れることができたら景品もらえます。

CIMG3637.jpg


美味しそうな匂いがします。
一つ一つが大きなエンパナーダ。
中には、鶏肉やオリーブゆで卵、またチーズが入っているのも
ありました。
CIMG3565.jpg

そして、やっぱり夜はカジノ!
人はそんなに多くなかったけど、楽しかったです。
2006.10.01 00:47 | EDIT
ペルーとボリビアの国境にありチリの玄関口でもある
町、アリカに車で行って来ました。

書類の手続き等で時間を費やしてしまい、片道10時間ほど
かかってしまいました。

CIMG3633.jpg

想像以上にキレイな町でした。
魚市場しかない不便な場所というイメージでしたが
ちょっとしたリゾート地のようでした。
CIMG3631.jpg

要塞を眺めながら歩いてみました。この岩山の頂上へは登っていませんが軍事博物館などがあるそうです。
CIMG3602.jpg

アリカ港に行ってきました。
狭い町なので、ホテルからどこへでも数分で歩いて行けます。
たくさんのペリカン達やアザラシがいました。
人に慣れていて近づいても逃げません。
CIMG3586.jpg

側に魚市場があります。
10㎝以上もあるムール貝や、マグロの山です。
CIMG3585.jpg

アサリやウニもありました。
CIMG3621.jpg

チリ弁?はけっこう聞き取りが難しいですが
フレンドリーな人ばかりです。
いきなり、ボリビアから来たの?と聞かれました。
先に来ていた知人達が何か言って帰ったのでしょう。
CIMG3654.jpg

ウニ一パックを、外で売っているレモンをかけて
貝殻をスプーンがわりに豪快に食べて帰る客。そして、3パックぐらい
買っていきました。好きなんでしょうね~


一つのウニから食べられる部分はビックリするぐらい
少ないです。
一パック300グラムくらいで、1500ペソス(300円くらい)
ムール貝は一キロ100円くらいでした。
マグロは1,5キロで7000ペソス(1500円くらい)←トロの部分です。
 | HOME | 

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。