2009.02.21 22:19 | EDIT
 ウユニ塩湖から南へ車で八時間ほど、砂埃を浴びながら向かったのは先ずラグーナコロラド(赤い湖)です。スペイン語だとLAGUNA COLORADAであってると思うのですが地図はラグーナコロラド。。どっちがホントだろう・・

ウユニに比べると観光客は激減します。道が舗装されていないこととボリビアにはよいホテルがないからだと思います。

CIMG4606.jpg
ベータカロチンを含むプランクトンと鉱石の影響で湖は赤く染まっています。
確か前回にも同じような写真載せてるかもしれません。

CIMG4601.jpg
観光客は少ないれどココには地球の本来の姿と色がそのまま残ってる気がします。
地球の青って本当に美しいですよねーー
CIMG4612.jpg
風の強さによって湖の色は薄いピンクから深紅と変わっていきます。
リャマの白色とのコントラストもいいです。湖の所々白いのは塩の流氷かボラックス鉱石だと思います。
CIMG4594.jpg
フラミンゴの大群も訪れます。プランクトンを食べています。
空の蒼さと強い風、鉱石やたくさんの生き物によって様々な色に変化する絶景。
CIMG4593.jpg

衛星写真でもこの湖はニンジン色になっているのですぐ分かります。
CIMG4617.jpg

テレビでウユニ塩湖等が絶景として放送されましたが、高山病については振れてなかったのが気になります。

ボリビア在住中にも日本人観光客の方がウユニ塩湖で高山病を発症され亡くなられました。
ラグーナに行くには標高も5000メートル近い地点もあるため低地から来られる方はたいてい高山病を発症します。(ウユニでも4000m超えます)速やかに低地に降りる交通手段がなく身動きがとれないため、早めに高山病予防薬を飲んでおくなどの準備が必要だと思います。

また持病のある方も合併症の危険があるので医師の診断が必要になります。
行かれる方は気をつけてくださいね☆


次回はさらに南へ車で三時間ほど向かい、ホテルに宿泊し、ラグーナベルデ(緑の湖)へいきます。

画像の縮小がうまくできなくて見ずらくてスミマセン☆


スポンサーサイト
2009.02.14 10:02 | EDIT
 ボリビアは南米最貧国といわれていますが、それだけに人の手がはいっていない
自然がそのままの状態で残っています。

それでもウユニ塩湖は絶景でテレビなどでも取り上げられてるせいか世界中から
観光客が訪れているようです。

ホテルも個人手作りの塩のホテルがあったり以前に比べると観光客も増えてると思いますが
遭難の事故はあいかわらず多いようです。

ウユニからさらに南、標高の高い場所に美しい湖があって、湖までに撮った画像を載せていきたいと思います。

CIMG4575.jpg
だんだん標高が高くなっているはずですが登っている感覚はなく平地をずっと走っている感じです。


CIMG4478.jpg
インカでは石は生きていると信じられていたそうですが、本当に生きてるみたい。私にはガッツポーズしてるように見えます。自然に出来たものです。
身長は10メートルくらい・・けっこう大きい。

CIMG4482.jpg
落ちた飛行機の残骸がそのまま残っています。見えるでしょうか・・
通りすがりの集落です。ボリビアは作りかけのような家にみえる民家がたくさんありますが
ちゃんとした人の家です。
CIMG4483.jpg

拡大してみました・・・

2009.02.07 10:22 | EDIT
 地球の裏側のボリビアは今真夏なんですね
といっても高地のラパスは一年中涼しいので、気候は本当に気に入ってました。

帰国してからというもの春の花粉症、夏の地獄のような暑さ、秋の肌荒れ、冬の寒さ・・
にはついていけないくらい悩まされます・・

ボリビアはこの時期、真夏の雹が時々降りました。

CIMG4673.jpg

せっかく実をつけた青りんごの木や、かりんの木、スモモの木が悲鳴をあげています。
このあとたくさんの実が落ちてしまいました。

庭には他に、トゥンボ(蔦のようにぶら下がって実る)の実や、ホオヅキのような果物がありました。


隣の黄色い家(どこかの企業の事務所になっていた)の屋根をみるとよく分かるのですが
パチンコ玉くらいの大きさの雹がふり、屋根に落ちてすごい轟音がしています。


CIMG4672.jpg

青りんごは実るとアッルパイやジャム、りんごを天ぷらにして黒蜜をかけて食べたりしました。←チリのおやつです

この雹のおかげでりんごは大きな被害にあいました。


CIMG0254.jpg
ちなみに庭にあったトゥンボの実です。
実は隣の家が植えたものが塀をつたってぶら下がっていたのでうちでいただいてました・・
これが黄色くなると食べごろです。

CIMG1925.jpg

これも庭にあったロコトという唐辛子の一種で、大きな木に実っていました。
ピーマンにそっくりですがものすごく辛いです。
間違えて食べて大変なことになった人を知ってます・・

CIMG1932.jpg
これはサボテンの実でトゥナといいます。
小さな種が多いけど甘くて身体に良いと言われてました。


 | HOME | 

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索