バックナンバー

[ --.--.-- ] スポンサーサイト

[ 2010.03.18 ] LA PAZ

[ 2010.03.06 ] 政権交代

--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2010.03.18 22:43 | EDIT
ボリビアで一緒だった皆さんがぜんぜん変わってなくてホッとしたりうれしかったり・・
でも結婚されたーとか家族が増えたーというのを聞くと確実に年数は経っていることを実感しております。
そんなおめでたい席の道中で見つけたお店ラパス
なんというボリビアつながり!!
CIMG5176.jpg
店内もボリビア一色です。ボリビアのかほりがします。
CIMG5169.jpg
この日はピカンテデポリョとエンパナーダを注文しました。
CIMG5173.jpg
なつかしいアヒの味です。ボリビアのアヒは種を除くと辛くなくむしろコくがあって甘さを感じます。見事にボリビアの味が再現されています。
CIMG5170.jpg
エンパナーダです。外はさくさくでぷっくりしてカワイイ形☆お肉と野菜の煮込みをパイ生地で包み揚げてます。
CIMG5172.jpg
ボリョ(鶏肉)カルネ(牛ひき肉)ケソ(チーズ)の三種類とタコスです。
なんとポリョにもアヒが使われていて美味しかったです。ケソはやっぱり最高ですね。

店主さんに聞くとボリビアのアヒは日本でも流通されているようです。ラテン系情報誌をいただきました。
このお店はボリビアを代表するのフォルクローレグループのアナタボリビア(アナタとはケチュア語でお祭り 間違えてアンタボリビアと言う人もいましたけど)の秋元さんも全国ツアーで訪れたようです。久しぶりにボリビア料理を堪能しました。また来たいです☆

もちろんお式のほうもステキでした。ぼーっとしながら帰りましたヨ。またみんなで集まれたらいいな、と思います。
(きび団子がちゃんと皆に渡ったか心配ですが・・)
ラパスHP
http://www7a.biglobe.ne.jp/~lapaz/index.html

スポンサーサイト
Category: 料理
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2010.03.06 13:28 | EDIT
こたつではじまり という記事の続きになります。
ボリビアにきてこの古い家の庭のりんごの木をはじめてみたとき、大好きだったモンゴメリの小説(赤毛のアン)の
青りんごの木の描写を思い出し、すぐに気に入ってしまいました。
しかし、この家もこの家をとりまく人々も自分を受け入れてもらえないオーラを感じていました。
生活のすべてを引き継いだのですから当たり前ですが、いたるところに前○の気配を感じていました。

ただ、代々この家で働いている現地のフアナ(通称フーちゃん)だけは自分に協力的でした。
備品の一つ一つを調べてくれたり、情報を提供してくれたり、また電話で問い合わせをしてくれたり、励まし支えとなってくれました。フーちゃんがいなければ自分はどうなっていただろう。。

そして問題の前○とは二週間程ボリビアでご一緒しました。毎日のように顔を合わせてはいろいろな場所を紹介してくださり、お互いの人生で起こった様々なことを話したりと、まるで古い友人に会った様な懐かしささえ感じていました。この二週間という期間で引継ぎ品をチェックしなければいけなかったのですが、たわいのない話で終わってしまいました。場に流されやすい自分に今更ながら大反省です。
金銭問題でもめることがなければもしかしたらよい人間関係を結べたかもしれません。 
こたつ一つでこんなに揉めることになろうとは・・

そしてボリビアの日本人○○というグループのリーダー格の女性から怒鳴り込みの電話がかかってきたのですが
電話をとるなり怒りに打ち震えんばかりの口調でした。
いきなりグループの自己紹介をされましたが、気が動転していたので頭に入りませんでした。
呼びだしを受けた時間と場所だけメモしましたが、このような状態で敵陣に飛び込むわけにいかず、それ以前に方向音痴でその場所にたどり着かない自信がありました。

とにかく無謀とはいえこのヒトに分かってもらうしかないのだ。電話を切らないでと懇願しこれまでの経緯を説明しました。正当な切り札は無惨にボロボロに切り刻まれて返されるばかりでした。自分のいうことはすべて否定され続け彼女の口調は厳しくなるばかり。分かってはいたけれど何を言っても無駄なのだ。どれだけの時間が経ったのかかなり長く感じました。いっそこの地面を彫っていって地球の裏側の日本でもどこでもいいから逃げだせないかしら。。おいおい、それはいいけどちょっとおかしくないか・・やっぱりおかしいわ・・まだ会ったこともない外部の関係のないヒトに長々と説明する必要があるのだろうか・・この人たちに応戦を求めた前○に怒りが沸いてきて脳内だけでなく本当にキレそうになること約0.5秒、いやいや邦人を敵にまわしてはいけないのだ。
それでもかなり感情的になってしまいました。
逆に電話の女性は声のトーンが下がり、「他に相談できる人はいないのですか?」
とぽつりと聞いたのでした。
相談というほどではないけれど、この前、趣味のゴルフでご一緒した「ある方」にボリビアにきてストレスを抱えている
という愚痴をこぼしたことを思い出し、それを伝えたのですが女性の態度が急変したのはこの直後からでした。

トンネル
ゴルフ場までの道のりは意外と険しく岩をくりぬいただけのトンネルがあったり・・
子供達
豪雨があると橋が流されることもあります。
ゴルフの途中で大雨が降り、慌てて帰りましたが既に橋は池のようになりミニバスが橋の上で立ち往生していたこともありました。


Category: 衣食住
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。