バックナンバー

[ --.--.-- ] スポンサーサイト

[ 2010.04.17 ] やさしい光4

[ 2010.04.03 ] 希望

--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2010.04.17 23:38 | EDIT
CIMG3866.jpg
カラマルカのこどもたち

ボリビアで電動あわ立て機を買ったことがありました。
大小のボウルもついて安かったので購入しました。
早速使ってみたのですが・・お、重い・・とにかく重い・・三頭筋にこたえます。。これならふつうに手を使って泡立てたほうが楽かもしれません。
しかも二分くらい使ってたら本体が熱くなって動かなくなってしまいました。ハイ、ご臨終です。
使い始めてたったの二分でぶっ壊れてしまいました。
その後も気がおさまらず、分解してみたのですがあまりに大掛かりでびっくりしました。
中は金属製の歯車がいくつもかみ合わさってモーターを動かし、先端部分を回すという仕組みでした。
重いはずです。。その後、オブジェにでもしようかと思ったのですがフーちゃんに処分されました。。
フーちゃんが言うには、機械は30秒ごとに休ませなければならないらしい。
ボリビアにいると日本の電化製品のすばらしさを実感します。随分楽をさせてもらってるなーと思います。
スポンサーサイト
Category: ボリビアの子供たち
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2010.04.03 08:07 | EDIT
「政権交代」という記事の続きになります。←すごいタイトルでしたね(汗)

日本の家電製品の進歩の躍進はすばらしいものがあるけれど、こたつはあまり注目されてない気がします。
富士山の頂上くらいの高地での生活は酸素不足もあり朝晩の底冷えは半端ではありませんでした。
特に冷え性の自分にとってはこたつさえあれば他の暖房器具は必要ないくらいです。
こたつは日本の文化。女の味方。
そんなこたつへの熱い思いを根底から覆すような出来事がボリビア入りしてまもなくおこってしまいました。
こたつを数十分つけたままにしただけでこたつはあっけなく燃え、それどころか大家さん自慢のアルパカの絨毯と
家や自分まで燃えそうになってしまいその後放心状態になってしまった。

こたつのキケン性を知らされてなかったこと、そしてそのこたつが数百ドルという価格がつけられていたことが
争いの発端でしたがボヤがあったことは前○は知る余地もないことで、クールに交渉できなかった自分に責任があると思っています。

そんな放心状態なある日、うちより数ヶ月前にボリビア入りしていた「ある方」からゴルフに誘われました。
ラパスにゴルフ場があるとは聞いていましたが、想像もつきませんでした。
日本では、運動不足とストレス解消のため打ちっぱなしには通ってましたが、コースにでるなんて夢のまた夢と思ってました。コースに出るには道具やウェア、靴などを揃えないといけないし、お金もかかるし、また実力不足で周囲に迷惑がかかってしまいます。
でもラパスのゴルフ場は当時は50ドルで周れ、一人でも周れるし、お散歩するだけでもオッケーということでした。しかも服装や靴は気にしなくてもいいのです!!
実際そこはオアシスのようでした。キレイに手入れされた青々としたグリーン、ユーカリの木が生い茂り裸山がそびえるばかりのラパスとは思えない・・道中は巨大土柱に囲まれた道ばかりで、その中から現れたゴルフ場はまさにオアシスでした。。
ゴルフ場に行ってよい気分転換になりました。

そんな中、「ある方」にそれまでの経緯を話しました。外部の方に話すことではないのですがもう自分には抱えきれないところまできていました。家に来て下さるというので引継ぎ品のリストと備品をチェックしてもらいました。すると「自分の名前を出してもらっていいからね・・」と言われました。

その後、「ある方」の判断で、車は引き継がず、新車を購入すること。その代わり引継ぎ備品は全額支払うこと。という指示を頂きました。
そうなんです・・・前○と話し合うべきことは車のことでした。(こたつではなく!
当時日本車はすごい人気で新車で購入しておけば3年オチでも一部の富裕層に高く売れるとのことでした。前○はすぐにそれを承諾してくださり、なんと、こたつをはじめ、問題のある備品は価格をゼロにすると申し出られたのでした。
なんと、なんと、こたつの価格がゼロになるとわ・・

そして怒鳴り込みの電話をかけてきた女性はというと、前○とは特に親しいわけではなかった、義務でお付き合いをしていただけです。と態度を急変させたのでした。 こちらも感情的になってしまったことを丁重にお詫びすると「がんばってくださいねぇ」とまるで別人のようなやさしい声で返ってきました。その後その女性とは三年間一度も顔をあわすことなく終わったのでした。。
よく分からないけれど・・
よく分からないけれど、ココの日本人社会(とくに女性)というのは地球上で最も上下関係がハッキリしたところなのか・・
どちらにせよ、、、、ゴルフしたらいいことあるかも・・
いや、細かいことは考えずゴルフやろう!
よっしゃぁ!!と小さくガッツポーズができるほど元気が出てきました。ここで生きていける、地球を掘らなくてもいい
脱走しなくてもいいの←(プリズンブレイクの影響・・)  躍らせてマイケル・・

しかし、引継ぎ品についてはあっけなく解決に向かったものの、その後トラウマは一年ほど引きずりました。ゴルフデビューは思うほど簡単ではなく、高地トレーニングの日々が始るのでした。まだ続きます・・
月の谷
当時ゴルフ場には何番ホールか忘れましたが池越えならぬ月面越えというのがありました。
ボールも自分も月面に吸い込まれそうに・・

Category: 衣食住
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。