バックナンバー

[ 2011.04.21 ] 追憶2

[ 2011.04.16 ] 新婚旅行は南米へ

2011.04.21 22:45 | EDIT


記事を書いてから三ヶ月も経ってしまいましたが、追憶という記事の続きを書きたいと思います。

候補に挙がっていた四カ国のうち行ってみたい国もありました。
どこに決定するかは上が決めるというのに、勝手に行き先を決め込み地球を回しておりました。。

しかし、ボリビアに決まったからといって、行きたくないと子供のように駄々をこねるわけにも
いかず覚悟を決めるしかありませんでした。

恥ずかしながら海外とは無縁の一族なので、母や妹に「ボリビアになってしまったわーどうしよー」
というと、「うそー、どうするん・・どうなるん・・」 とうろたえだす。

どうも、、私がボリビアという病気、ボリビアというウィルス性のびょーきに罹ってしまったと思ったらしい・・
母はともかく妹は看護師なのに(//)その頃はサーズで騒がれてた時期でもありますが(フォローにならないけども)
ともかく妹がお世話になっている病院でもう一度検査をして、院長先生の自慢の調合薬をたくさんもらって
ボリビアに持っていくことにしました。

ボリビアに行って風邪を引いても現地のわけわからないクスリを飲むよりはずっと安心だ。

それにしても富士山の頂上と同じ高さでの生活、想像すら出来ません。。
酸素が薄い言われても、酸素なんてあって当たり前の生活をしてきたわけだし、そんなところで一分もいられるだろうか・・考えただけでも怖い。それに慢性の鼻炎もあるので花粉症の時期はタダでさえ苦しいのに・・
そうだ、耳鼻科にもいってこなきゃ・・そして耳鼻科では様々な薬をもらってきました。
けっこうどっさりとクスリは準備できたのでちょっとは安心かも。。
お薬ノートを作っておこう。といいつつ後回しにしてしまいました。

乗り物、とくに飛行機が苦手な自分が地球の裏側の南米最貧国といわれるよく分からない国にいくこと、
富士山の頂上に匹敵する高さで住むこと、健康不安、言葉の壁・・

いやそれ以前に重大なことを忘れていたのでした。自分は遊びにいくのではないのだ!
それこそ、これまで、これから先も全く無縁の世界であったはずで自分にとって想像すらできない世界にいきなり飛び込むこと。
自分は何をすればいいのか自分にとって重大ともいえる任務が自分に務まるのだろうか・・
それより快く受け入れてもらえるのだろうか・・

そのうち、渡航の準備や研修やらで横浜にいくことになりお薬のことなんて
すっかり忘却のかなたでした。おくすりノートを作るよりボリビアに持って行くものの
リストだけでノート一冊以上になりました。

ああ、このとき、自分が集めたクスリのことちゃんと書き留めておけばその後あんな騒ぎにはならなかった。
後悔先に立たずでした。
まだ岡山に越してたった半年で横浜に引っ越すことになりました。(長くなったので次回に続きます)

20051019001929.jpg
人の気配すらない標高4000mのアルティプラーノ
スポンサーサイト
Category: 未分類
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2011.04.16 14:07 | EDIT
 ボリビアで大変良くしてもらった方が福島出身だと思い出し心配していましたが
日本で何かあればいつでもボリビアきてくださいと逆に心配していただいて恐縮です。
いまは日本と変わらず情報が入手できるとはいえ故郷のこととても心配だと思います。
原発の問題が一刻も早く収束に向かうことを祈っています。

ボリビアには幼少期に移住された方たちもたくさんいて、ジャングルの土地からはじまり歩くだけで猛毒の蛇や虫に噛まれたりまさに命に関わるような経験をされながら土地を開拓してきました。
最近日本人の底力ってよく耳にしますが、不可能を可能にかえるチカラを信じています。
ボリビアも土砂災害等が深刻です。。
わたしたちにとってもボリビアはふるさとであり身内もいるような感覚なので心配は尽きないですね。

暗い話題ばかりになっていますが、先日未処理のものがたくさんあったので銀行にいってきました。
最近よく話す銀行員の方が一週間前に結婚され新婚旅行をどこに行くか迷っているらしく、長い休暇が取れたようですかさず南米旅行を勧めてみました。
特にアルゼンチン!
ボリビアは新婚旅行にはちょっとね・・
アルゼンチンは地球上のみどころを一箇所に集めたような国で、南極のような場所から砂漠のような乾燥地
また、先住民の人々が暮らす場所からパリのようなブエノス・・
思い出しただけでまた行きたくなります。
食事は特にお肉やパスタも絶品で安いです。タンゴのリズムに囲まれてアートも盛んで・・毎日飽きることがなく
新婚旅行にぴったりだと思うのです。
銀行員の方も、前にスペインに行かれてスペイン語にも抵抗なさそう・・すごく乗り気で
話し込んでいると営業時間を30分も過ぎ、気がつくとシャッターが閉められて、慌てて退散したというわけでした。なんだか彼女のキラキラした目をみているとこちらまでハッピーになってしまいました。

ファジアーノのジュニアユースの光大さんもプロを目指してアルゼンチンに行かれたみたいで元気にしてるのかな?
そういえば、りりしはおり先生もこの夏南米に行かれるそうで、みなさんうらやましいなー
日本に帰ってしまえば行けそうにないですー

やっとブログが更新できてほっとしました。つづきを書いてない記事もあるので早く続きをかかなくては☆

CIMG1822.jpg
空港
CIMG1763.jpg
CIMG1805.jpg
CIMG1792.jpg
CIMG1769.jpg
CIMG1766.jpg
CIMG1765.jpg
CIMG1760.jpg
CIMG1797.jpg
CIMG1726.jpg
CIMG1716.jpg
CIMG1717.jpg
CIMG1696.jpg



Category: アルゼンチン
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索