バックナンバー

[ --.--.-- ] スポンサーサイト

[ 2012.06.11 ] Yungas

--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.06.11 18:11 | EDIT

今日は、以前に岡山の皆さんが興味深々で聞いてくれたユンガスの話を思い出し、記事にすることにしました。

現地のフーちゃんがいつも、天国のような場所があると言ってました。「緑が豊かで新鮮で色とりどりの果物がタワワに実っているまるでパラダイスよ」 そこはコロイコという天国のような美しい場所。行きたいと何度も呟いてました。

標高4000メートルのラパスは乾燥や気温の差が激しく、緑がほとんどありません。
野菜や果物も低地から運んできていました。
低地に降りる手段は主に飛行機でしたが
飛行機代はとても高額です。それで低地に降りる方法に、車を使ってしかも近道で降りることの出来る道があると
言います。


「車があれば簡単に行くことができるわよ、でもその道は【死の道】といわれてるのよ」


実は結局、一度も行くことができませんでした。
それで写真を拝借しました。

title.jpg
山に白いスジのようなものが入っていますがこれが死の道です。

その道を拡大すると・・こんな感じ。

images.jpg

断崖絶壁ですね・・

年間にして300台から400台の車が落ちています。行方不明の方も大勢いるといわれてます。
一日一台はこの絶壁から落ちていることになります。
霧や土砂崩れもあるのですが、無理な追い越しが原因だといわれています。

ずっと不思議に思ってましたが車二台すれ違う幅もないことを分かっていながら何故追い越しなどするのか・・
今でも本当にナゾです。絶壁ですから命を落とす可能性大です。。

確かに日本でも遅い車がいるとイライラしたり、信号が待てなかったりします。
でも時間にすると数分の差であって、ふらっとコンビニにでも立ち寄ったほうがしっかり時間ロスですね。

ところでこんな場所でもブロッケオーがあるそうです。
私もオルロでブロッケオーに出くわしましたがなんとか逃げ延びることができました。

ダイナマイトを抱えた男たちに車を止められたのが始まりでした
鉱山労働者の暴動のようでした

そのときの記事→忘れられない旅(ブロツケオー)

このユンガスでブロッケオーにあった人たちは3日間くらい身動きがとれなくなったといいます。
3日間もこの絶壁で野宿とは・・大変です。
とても行くことが出来ませんでした。

自転車でのツアーもあるそうですが邦人の事故もあったと聞いています。

【死の道】といわれてもパラダイスに行きたいとその場所に惹かれてしまう。。乾燥したラパスにずっといたら
酸素も濃くて緑豊かな場所に行きたいと願ってしまう気持ちがよく分かります。



スポンサーサイト
Category: ボリビア・ラパス
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。