FC2ブログ
--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2006.08.19 23:44 | EDIT
CIMG3217.jpg

インティワタナは一番高いところに建設された
ピラミッドの頂点にあります。
その意味は、「太陽をつなぎ止めておくところ」であり宗教的な場所です。
神々の崇拝によって恵みをもたらすと考えられていて
反対に洪水や旱魃は神罰ととらえ、動物や人間の生け贄を捧げなければ
なりませんでした。

観光客はこの石のエネルギーを得るために、みな手をかざしていました。
角柱の石の先が、欠けていますが以前コマーシャルの撮影でクレーンが
ぶつかったときに出来たものですがそのままになっているようです。

CIMG3223.jpg


遺跡の中には、一人ずつしか通れない道があり、順番待ちです。
高所恐怖症の私は、待ってる間に足が震えてきました。
すぐ横に見えるのは断崖絶壁です。
CIMG3225.jpg


広場に出ました。目に入るのは断崖絶壁ばかりだったので
広い場所にでて、ほっとしました。
中にはお腹を出して寝ている観光客の姿がありました。

奥の小さな建造物は3枚の壁から出来ていてインカの人々は
ワイラナと呼ばれていました。
そこには、不思議な、「聖なる岩」があります。
この岩は、山々を崇拝するために造られ、後方にそびえる山の輪郭
そっくりに再現されているだけでなく、信仰の祭壇であり
生け贄の場所でもありました。

CIMG3229.jpg


住居区域の中には、狭い路地がたくさんありました。
このへんの建築的なレベルは低いといわれてますが保存状態は
良好でした。

CIMG3235.jpg


左にみえるのがコンドルの神殿です。
ちょうど羽を広げた形になっています。
この建物の地下には牢獄があり、囚人を閉じこめ猛獣や毒蛇を
一緒に入れられていたといわれています。

CIMG3242.jpg


水くみ場です。
この水路は、インカ以前のプレインカ時代に作られたとされ
謎が多いです。インカの人々はこれを整備拡大して利用しました。

観光客が多く、全体像をカメラに収めることができませんでしたが
彼方の山の上から水を引いています。
マチュピチュには、地域の農作物を管理し灌漑用水路の徹底した管理の
役割があったといいます。

CIMG3246.jpg


帰りの列車の時間が決まっていて、バスにのらなければ
いけなくなりました。
観光客も多く、ゆっくり見て回ることは難しいです。
遺跡の近くにもホテルはありますが、かなり高額です。

CIMG3250.jpg


パズルのように石を削ってはめ込む職人さんたち。
この人達によって遺跡は守られています。

CIMG3251.jpg


遺跡の入り口には、レストラン、売店、トイレや電話もあります。

クスコを出るときは氷点下の寒さですが、遺跡はかなり
暑いので半袖でも十分でした。日差しが強いので帽子やサングラスが
必要になります。
荷物を預ける場所があるので防寒具はそこで預けました。たしか4ソレスだったと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。