FC2ブログ
--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2006.12.31 12:11 | EDIT
CIMG4393.jpg


2泊3日でウユニ塩湖へ行きました。
標高は3700メートル、縦横120㎞の塩の砂漠です。

個人でツアーをやっている現地の方にすべておまかせし車で行きました。

CIMG4276.jpg


朝8時に車で迎えに来てくれて、ラパスから10時間ほどかかりました。オルーロから7時間程の道は、舗装されてない道ばかりで何もないので、飲み物や食べ物をたくさん持っていきました。

CIMG4302.jpg


雨期のせいか、道の真ん中にこんな川が所々出来ています。
でも車で渡わたります。

CIMG4441.jpg


道中もすばらしい景色ばかりでした。
リャマや羊たちが道を横切り、砂丘のような所もありました。

CIMG4331.jpg


塩湖に行く前に、列車の墓という場所にいきました。

CIMG4361.jpg


塩湖の中を数時間車で走ります。数ヶ月前、写真を撮るのに夢中になり
遭難した母娘が亡くなったと聞きました。

またオホス(二つの目)と言われる穴が所々にあり、落ちて
亡くなった方も多いそうです。深い所では水深15㍍ほどもあります。

CIMG4371.jpg


イスラデルペスカという島です。
名前通り魚の形をしています。一時間ほど島の上を歩きます。
紫外線が強いので、日焼け止め、サングラス、帽子は必要です。

CIMG4386.jpg


標高4600メートルほどの塩湖の火山帯の山にはミイラがある
墳墓があるらしく、車を途中で止めて歩いて行きました。

CIMG4388.jpg


墳墓の前には、棘に覆われたかわいい花が咲いてました。

CIMG4402.jpg


今の時期は雨期とはいえ、水が張っている場所はほとんどなく、
一面真っ白でした。水が張ると鏡のように上下対象の神秘的な世界に
変化します。

乾期は寒いといわれますが、今は夏なのでトラックの荷台に乗り、風を
切って塩湖の中を走ると気持がいいです。

次回は塩湖の中のホテル、そして宿泊したホテルを載せます。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

プロフィール

あい 

Author:あい 
名前 あい
三年間のボリビア生活を無事に終え2007年に帰国しました。
帰国後はファジアーノ岡山を応援中☆

オススメ記事は幻想的な湖のラグーナです
↓ボリビア ポトシのカテゴリからどうぞ
http://airitokouhei.blog23.fc2.com/blog-category-23.html

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。